DIY用の天然塗り壁材 オーガニックウォール|フィトンチッド配合

脱ビニールクロス宣言

 

まず、この表をご覧下さい。

 

壁紙の生産量を表していますが、総計の約7億平米という数字にも驚きますが、もっと驚くのはその内89%以上を占める6億2千5百万平米が「塩化ビニル樹脂系」の壁紙であるということです!

 

ピンとこない数字ですが、これは東京ドームのグラウンド面積の約48,000倍にもなります!!

 

※一般社団法人日本壁装協会の資料より

「クロス」(英語cloth:布・織物)という名前がついていますが、正しくは「ビニールクロス」ではなく「クロス風塩化ビニール」ということです。

合成樹脂の「塩化ビニール」がいつの間にか「クロス」と呼ばれることに・・・ 

そのうえ紙でもないのに「壁紙」とまで・・・

 

略すところが間違ってますよね?

大問題だと思いませんか?

 

料理で使われる「みりん」はちゃんと「本みりん」と「みりん風調味料」と分けられて売っているのに・・・

ビニールハウスの住人

家を新築やリフォームした時「クロス」を貼った人は大勢いらっしゃると思います。

が、その家が「ビニールハウス」だということに気づいていない、のでは?

 

でもそれも仕方ないことかも知れません!

なぜなら、

内装を決めるとき、こういう会話が日本中でされています。

 

【建築業者】:「壁はクロス仕上げにしましょう」

【お客さん】:「はい、お願いします!」

 

本来、正しい会話としては、

【建築業者】:「壁も天井も塩化ビニールを貼りましょう」 

そう聞かれたら、

【お客さん】:「いや、ちょっと待ってください! それはやめてください!」

となりませんか?

何の効果もないどころか、健康に悪い「クロス風塩化ビニール」がこうして毎日毎日貼られていくのです!

建築業者さんもちゃんとした知識を持って、正しくお客さんにお伝えすることが重要です。

 

口先だけで「健康住宅」や「天然素材」といった業者さんは残念ながらたくさんあります。

宣伝文句ではなく本気で取り組んでいる業者さんを探しましょう!

下地材を活かすことも

 

下地材として使われる「石膏ボード」(プラスターボード)

には本来、調湿効果や有害物質を吸収する効果があります。

 

それをビニールクロスで覆ってしまっては台無しです。
オーガニックウォールを塗ることによって、下地材の効果もより一層活かすことが出来るのです!

本当の健康住宅に住む

しかし、幸いにも「オーガニックウォール」に出会った皆さんは大丈夫です。

 

さぁ、「脱ビニールクロス」と宣言して本当の健康住宅、天然素材の良さを実感してください!!