DIY用の天然塗り壁材 オーガニックウォール|フィトンチッド配合

あらかじめ練ってある

 

オーガニックウォールはあらかじめ練ってある

ペースト状の材料です。

紛体の材料と違い粉が舞うこともなく準備がカンタンです。

季節や地域によって施工前に多少水分量を調節すれば

いつでも快適にDIY施工することができます。 

ビニールクロスの上からも

 

リフォームの場合古いビニールクロスを

剥がす必要はありません。

手垢やヤニなどを中性洗剤で拭いていただき専用の下地材を

塗付してもらえれば直接施工することができます。

廃材も出ず環境にもやさしいエコDIYリフォームが可能です。

下地処理がカンタン

 

一般的な塗り壁材は下地処理が大変です

しかし、オーガニックウォールはとてもカンタンです。

下地が一般的なプラスターボードの場合でしたら、

板の繋ぎ目とビス頭だけテープとパテで処理すればOKです。 

DIYに最適な商品です。 

とっても経済的

 

オーガニックウォールは一箱で約20㎡塗ることができます。

お部屋で言うと4.5帖くらいです。

塗り方もとってもカンタン、ほんのりヒノキの香りに

包まれて自分のペースで施工することができます。

DIY専用の塗り壁材です。


DIYでの下地について

オーガニックウォールは様々な下地にDIYで塗ることができます。

プラスターボード

オーガニックウォール 天然素材でDIY 下地について

 新築の下地材として多く使われているプラスターボード。

石膏ボードとも言いますが、これには板の繋ぎ目をファイバーテープで処理しビスの穴に下地材を埋めるだけで大丈夫。

全面をパテ処理する必要はありません。

 

ビニールクロス

オーガニックウォール 天然素材でDIY 下地について

 表面の汚れを拭いてもらえればオーガニックウォールを直接塗っていくことができます。剥がす必要はありません。

ただし汚れが多い場合はシーラー処理が必要です。

紙クロス・布クロスには基本的には施工できません。 


木質・ベニヤ板系

オーガニックウォール 天然素材でDIY 下地について

アクが出やすいので必ずシーラー処理が必要です。

木目調の化粧パネルで表面がつるつるしている場合は、

剥離する恐れがありますのでこの場合もシーラー処理が必要です。

繊維壁・じゅらく壁等

オーガニックウォール 天然素材でDIY 下地について

塗ることは出来ますが場合によっては剥がすことも

必要です。専用の剥離剤を使って剥がすことが出来ます。

築年数によっては下地の部分から作り直す必要が

あるかも知れません。


施工方法をビデオで見る

オーガニックウォールの施工方法をビデオでご覧いただけます。

リフォーム編

新築編

*ビデオの無断複製・転載は禁止します


副資材のごあんない

DIYに必要な専用の下地処理用・副資材もご用意しております。

下塗り用パテ

上記のプラスターボードやビニールクロスの下地処理に。

届いたらすぐ使えるペーストタイプです。

2~3時間で乾くので施工性も大変良くヤセにくい。

アク・シミ防止剤

上記のビニールクロスや木質・ベニヤ板の下地処理に。

アクや汚れからのシミを防ぎます。

低臭タイプなので室内でも安心です。


ファイバーテープ

上記のプラスターボードやビニールクロスの下地処理に。

つなぎ目に貼ってクラックを防ぎます。

糊付きなので施工がカンタンです。異素材間にも。

スターターセット

塗り壁の施工に欠かせない5点セットです。

コテ、コテ板、しゃもじ、マスキングテープ、マスカー。

使いやすいビギナー向けです。


DIYでの必要量の目安

では、だいたいどのくらい必要なのでしょうか?

オーガニックウォール 天然素材でDIY 使用料の目安
塗りの厚み約1㍉にての場合
初めて塗ってみようと思いますが・・・
初めて塗ってみようと思いますが・・・
施工説明書6ページPDF
施工説明書6ページPDF

 プロ職人に依頼する
 プロ職人に依頼する
 カラーサンプル
 カラーサンプル

インスタグラム
インスタグラム